子供を褒めるタイミングは、子供によって異なる!子供の個性を知って効果的な褒め方とは?

褒めるタイミング、個性 教育
褒めるタイミング、個性

子育てしてると、子供を褒めるタイミングってたくさんありますね。

また、子育ては「褒めて育てる」と自己肯定感に良い言われています。

子供にも、褒めて欲しいタイミングがあるのを知っていますか?

褒めて欲しいタイミングで褒めると、効果抜群!

子供の個性を知って、効果的に褒めませんか?

頑張ってる姿を褒めて欲しい!

頑張ってる姿を褒めて欲しいタイプの子供

  • 友達の気持ちを大切にする
  • 友達に左右される
  • 友達と一緒がいい
  • 話が長い
  • みんなと仲良くしたい
  • 無駄が多い
  • 相手を傷つけたくなくて我慢する
  • けんかはしたくない

こんなタイプの子供の褒めて欲しいポイントは、頑張ってるところ。
自分だけでなく、友達も一緒に褒められるともっと嬉しい!
たとえ頑張った結果が、達成できなくても
頑張った事、そのこと自体を認め褒めてあげると超嬉しい!

褒める時も、言葉だけでなくハグしながら・・・
お祝いをしてあげるなら、手作りを基本にしてあげると
気持ちが良く伝わりますよ!
何度もも褒め、いつも見守り応援していることを伝える。

褒め方の例としは
「〇〇ちゃんと一緒に頑張ってるね。」
「あなたがいたからできたね。」
「あなただから・・・」

など、結果ではなくプロセスを褒めてあげてくださいね!

結果を褒めて欲しい!

  • 目的や目標を決めてから動く
  • 競争が好き
  • 結果が大切
  • 自分のペースがある
  • 一人でも遊べる
  • ご褒美があるとさらに頑張れる
  • 結論から話す
  • 好き嫌いがはっきりしている

自分は自分、他人は他人と思っているので友達に影響はされない。
ご褒美や頑張ってる自分が好き!

頑張ってる時は、温かく見守ながらさりげなく褒め
結果を出した時は、結果を認めた上でプロセスを褒める。

褒める時は、言葉にしてはっきりと伝え
物質的なご褒美を!

褒めてくれている気持ちを耳や物で確認します。

.

褒め方の例として」
「あなたなら、できると思ったよ。」
「あなたらしくて、いいよ。」

など、次の目標を目指すように声かけしてあげてくださいね。

できた瞬間で褒めて欲しい!

  • 直感や気持ちで生きている
  • 話がコロコロ変わる
  • 話は結論だけ
  • 気分のムラが激しい
  • 相手の気持ちを直感で感じる
  • 切り替えが早い
  • いつもスポットライトを浴びていたい
  • チャレンジ大好き
  • 面倒なことが嫌い
  • 手っ取り早い方法を考える
  • とりあえずで行動する
  • 創造力が豊か

その日の気分で過ごしているので、瞬間瞬間が大切なの。
だから「その瞬間に褒める」ことが、ポイント!
経過や結果が、出た時ではもう遅い!
今、できていることを褒めてあげてくださいね。

褒め方の例としは
「よくできたね!」
「有り難う!」
「あなたは、やっぱりすごいね!」

など、言葉は短くていいので「その瞬間」と逃さずに
褒め言葉を言ってあげてくださいね。

賞状やトロフィーなどが好きなので、準備しておいて
褒め言葉と一緒に渡したら、テンションマックスですね!

 

まとめ

子供の個性が違うと、褒めるタイミングが随分違うのが理解できましたね。

お父さん、お母さんの個性と子供の個性が違うと

お互いに褒めて欲しいタイミングが違ってきます。

相手が一番喜んでくれるタイミングで、褒めてあげたいですね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました