読み聞かせにお勧めの図書一覧表・字のない本から豊富なジャンルの本まで幅広く読み聞かせをするのに便利!(2A1~25)

読み聞かせ、乳幼児、お勧め本 教育
読み聞かせ、乳幼児、お勧め本

2021版 くもんのすいせん図書一覧表

2A(年長)1~25

  1. ぐりとぐら          福音館書店
    お料理すること食べることが大好きな野ねずみのぐりとぐら。
    森の中で大きな卵を見つけカステラを作ることに。
  2. そらまめくんのベッド        福音館書店
    そらまめくんの宝物はふわふわのベッド。みんなに頼まれても貸してあげません。
    でも、ある日ベッドが無くなって・・・。
  3. うえきやのくまさん         福音館書店
    垣根をかりこみ芝生をかる植木屋のくまさん。午後は自分で
    作った野菜と花を売りに行く。くまさん今日も忙しい。
  4. くっきーだあいすき         金の星社
    お母さんが作ってくれたくっきーはふっくらあまくて美味しそう。
    みんなにあげるのもったいない。どうしよう。
  5. キャベツくん            文研出版
    おなかを空かしたブタヤマさんがキャベツくんを食べようとすると・・・。
    二人の楽しい会話が面白いお話。
  6. かえりみち             童心社
    女の子が道に迷って泣いていると子ぎつねが一緒に探してくれた。
    すると今度は子ぎつねが家に帰れなくなって・・・。
  7. ぽんぽん山の月           文研出版
    猟師に撃たれ死んだお母さんを待ち続ける子うさぎ。
    「お腹が空いたよう」という声を聞いてやまんばは・・・。
  8. ジャイアント・ジャム・サンド    アリス館
    400万匹のハチの大群がチクタク村にやってきた。困り果てた村人たちが
    考えついた愉快なわなはジャムサンド。
  9. わたしとあそんで          福音館書店
    原っぱへ遊びに行った女の子。「バッタさん遊びましょ」って言ったけど
    みんな逃げて行っちゃう。なぜ?
  10. りんごのき             福音館書店
    雪の庭にある1本のりんごの木。やがて花が咲き秋になって赤い実をつけるまでを
    小さな男の子を通して描く。
  11. 3びきのくま             福音館書店
    森で迷子になった女の子。小さな家を見つけて入り込むとそこは
    3びきのくまのおうちだった。トルストイの名作絵本。
  12. たべられるしょくぶつ         福音館書店
    身近な野菜の生育を観察しながら、私達が食べている部分について学ぶ。
    科学に目を向けさせる一冊。
  13. ゆうちゃんのゆうは?         童心社
    あたしの弟のゆうちゃんのゆうは、なんのゆう?ゆうびんのゆう?ゆうえんちのゆう?
    お父さん教えて!
  14. まっくろネリノ            偕成社
    ”まっくろネリノ”は真っ黒だからいつも仲間はずれ。けれどみんなを助けたのは
    その真っ黒のおかげだった。
  15. ぼくのかえりみち            BL出版
    学校からの帰り道、そらくんは道路の白線の上だけを通ることに決めました。
    落ちないようにゆっくり、そろ~り・・・。
  16. グリーンマントのピーマンマン     岩崎書店
    ピーマンが嫌いな子供たちをバイキンが襲う。その時グリーンマントのピーマンマンが
    登場し、大活躍。
  17. しっぽのはたらき           福音館書店
    物をつかんだりバランスをとったりするしっぽの働き。猿、犬、牛、イルカなど
    さまざまなしっぽを見ながら考える。
  18. すいかのたね             福音館書店
    「いいかげんに芽を出しなさい!」ばばばあちゃんがスイカの種に言うと、
    スイカの種も怒って・・・。
  19. じゃむじゃむ どんくまさん      至光社
    昼ねをしたどんくまさんの頭の上に、リンゴがボトン。それがもとで
    どんくま印のリンゴジャムができることに。
  20. はじめてのるすばん          岩崎書店
    お母さんが出かけた。3歳のみほちゃんの初めてのお留守番は不安でいっぱい。
    ピンポーン。小包でーす・・・。
  21. すてきな3にんぐみ           偕成社
    黒マントに黒帽子の3人組は大盗賊。ところが、ひょんなことから
    盗んだ宝の使いみちに素敵なことを思いついた。
  22. さむがりやサンタ            福音館書店
    ぶつぶつ文句を言いながらプレゼントを配達するサンタさん。
    実は気難しくて寒がりや。コマ割りの絵本。
  23. おなら                 福音館書店
    おならはどうして出るのか。その生理的しくみからライオン、ゾウの
    おならまでユーモラスに描いていく本。
  24. ふたりはふたご             くもん出版
    ゆきちゃんとせいちゃんはふたご。二人は喧嘩ばかりしているけれど
    大の仲良し。二人は双子。
  25. バルバルさん              福音館書店
    バルバルさんはとこやさん。今日はおかしなことばかり。らいおん、わに
    ひつじ、いろんなお客さんがやってきて・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました